エコカートレンド2
スズキ

スズキといえばアルト!女性を中心に高い人気を誇る軽自動車です。エコカーとしてのスズキの実績もめざましいもので、アルトは同クラスの軽自動車では燃費性能はトップクラスの30.2 km/lを達成していますのでエコカーとしての性能も折り紙付きです。

アルトの軽自動車とは思えない広い車内スペースは良好な居住性を確保しています。また女性を意識したカラーバリエーションや曲線をイメージした内装デザインは普段使いの足として必要十分な走行性能と快適性を有していると言えるでしょう。エコカー性能とは関係ありませんが、運転席にショッピングバックをかけられるフックがついているのも女性には嬉しい仕様ですね、まさに女性目線の自動車です。

また安全面の配慮への意識も高く、軽自動車は衝突時の安全面で危惧されるというイメージを一新しています。その大きな特徴は軽量衝撃吸収ボディーTECTに現れています。TECTは衝突時の衝撃をボディ全体で吸収して運転席や助手席への衝撃伝達を抑制し、更にSRSエアバックを運転席と助手席に実装する事で更に高い安全性を保っています。ボディーの剛性を高めると重量が増してしまい燃費性能が犠牲になってしまいますが、全体で衝撃を吸収する素材を用いる事でボディの軽量化を維持しているのもおおいに注目すべき点でしょう。

逆転の発想で衝撃を外に逃がすように工夫して、燃費性能と安全性を両立させたのは特筆すべき点だと思います。安くて燃費が良いだけではない乗っていて安心出来る自動車作りには非常に好感が持てます。