エコカー減税とエコカー補助金
エコカーは家電?

エコカーは自動車ですが、電気自動車は自宅のコンセントで充電出来るのでまるで家電品みたいですよね。また電気自動車には大きさなどの制約がガソリン車よりも緩いのでまるで一人乗りのコンパクトカーのようなデザインのものまであります。

日本の住宅事情を考えるとあまり車体を大きくするわけにはいかないのでしょうね。ところで電気自動車が主流になった場合、駐車場を屋外に持っている人はどうなるのでしょう?現行の法律では自動車にまつわる法律の多くはガソリン車やディーゼル車などの排気量を主軸として考えられています。

ところが電気自動車の場合、車体重量を大きくしても実質排気量はゼロということになるので今後エコカーに関する法律は大幅に手直しをせまられる事になるのではないでしょうか。今の法律で言うと自動車購入時に必要な車庫証明も屋外では充電施設を持つ車庫ではないと電気自動車は買えないと言う事になってしまいます。

とても不都合ですね。しかし電気自動車はそもそもこれまでの自動車と同じカテゴリーにするのかそれとも電化製品なのかどうかという問題も残ります。もし電化製品だというカテゴリーなら電気自動車用の新しい法整備も必要となりそうです。今の所国会の審議は空回りを続けていて電気自動車をはじめとする次世代のエコカーに対する審議は全く成されていないのと同じです。

家電メーカー大手のパナソニックが電気自動車の電気モーター事業への参入を表明し、他の多くの電機メーカーがこの事業に着手する事が予想されるなか、日本の自動車産業を巡る構造は根本から見直される時期なのかもしれません。