エコカー減税とエコカー補助金
エコカー優遇制度

エコカーに対する優遇措置はエコカー減税とエコカー補助金だけには留まりません。自動車には実に多くの税金がかけられています。エコカー減税で減免されるのは自動車重量税と自動車所得税でしたが、それ以外にも自動車税があります。この自動車税に対する減免措置が自動車税グリーン化制度です。

自動車税とは4月1日時点で自動車を所有している人に対して納付書が送られてくる税金で、自動車を所有していると毎年発生するものです。自動車の税金のうち自動車重量税は国税、自動車取得税は地方税、そしてこの自動車税も地方税です。自動車税のグリーン化は2009年4月から適用された税金優遇措置ですが、現在も継続して行われています。

これはそのエコカーが達成している燃費基準の分だけ税率が減額されるというものです。つまり50%達成車の場合は50%の減税、75%達成車の場合は75%の減税措置です。毎年支払う税金ですのでこれは大きいですね。またエコカー減税ではハイブリットカーの場合実質100%減税、それ以外のエコカーでも一定の基準を満たせば50〜75%の減税措置が適用となっています。

ただし、これらのエコカー優遇措置は暫定的なもので国会審議を経て自動車重量税に関するエコカー優遇措置やエコカー補助金に対する詳細が決まり次第地方自治体で徴収している自動車取得税と自動車税の内容も決まってくると思います。現行の制度で納得して購入するのなら2012年3月末日までに購入するのがお勧めです。