エコカー減税とエコカー補助金
エコカー補助金

自動車を購入する時にエコカーを選ぶとエコカー減税と合わせて利用出来るのがエコカー補助金です。ただしエコカー補助金が支給されるのは新車購入時のみとなりますので注意しましょう。この制度は一旦2011年に打ち切られましたが、2012年になり新エコカー補助金として復活する制度です。

政府の内需拡大喚起の切り札として予算審議されていますので詳細は今後の国会を経て決定される事になりますが、暫定措置として旧来の制度を2011年12月20日以降に購入した新車に対しても適用していますので、実質的には継続して支給されている事になります。

ただしこの制度も正式に閣議決定されなければ予算の3000億円に到達した時点で打ち切りとなるため新車購入を考えている人は購入時期を考慮すべきでしょう。助成額は乗用車で10万円、軽自動車で7万円となっています。また購入した自動車の燃費基準が2015年度の燃費基準あるいは2010年度の燃費基準+25%以上をクリアしている事が条件となっています。

2009年に開始されたこの制度ですが、2009年当初では新車購入よりもそれまでの乗用車を廃車にしてエコカーに買い替える人に対して優遇する措置として導入されました。この結果、2011年の日本国内の新車販売実績では上位10位までがエコカーと軽自動車が独占する結果となりました。

これは初代エコカー補助金の打ち切りに伴う駆け込み需要も手伝っての結果と言われていますが、日本の自動車市場におけるエコカーのシェアは今後も伸びる事が予想されます。