エコカーの課題とこれから
空気で走る?次世代エコカー

空気で自動車が走る?何だか非現実的な話しの様ですが、じつはこれ真剣に開発が進められている話しなのです。エコカーとはいえハイブリットカーの場合、ガソリンエンジンも搭載しているため温室効果ガスは排出されます。また電気自動車の場合、自動車から排出される温室効果ガスがゼロだとしても、発電設備から温室効果ガスが排出される事になります。

ところがこの次世代エコカーが実用化されれば燃料は空気、排出されるのは水なのですから環境負荷は大幅に低減される事になりますね。開発中の技術にはいくつかあるようですが、その中で今最も現実化の可能性が高いとされているのが水素を燃料として走る自動車です。

実は現在でもこれと良く似たシステムを使って実際に走行している自動車は存在しています。それは燃料電池車と言って、個体高分子型燃料電池から水素イオンを分解して発電して走る仕組みで、、、とは言っても筆者も専門家ではないので専門的なことは説明されても良く理解は出来ないのですが、要はエタノールや水素を含んだ固形燃料を用いて水素爆発を利用して走る自動車と言う事らしいのです。

水素爆発といえば先の東日本大震災で被害を出した福島第一原子力発電所で有名ですが、水素が爆発する事で巨大なエネルギーを生み出す事が可能です。今は固形燃料を使用しているのですが、これを将来的には走行中に取り込む空気から燃料となる水素を抽出するというのが空気を燃料にして走る次世代エコカーの原理です。