エコカーの課題とこれから
特殊車のエコカー化は可能?

乗用車としては既に市民権を得た感があるエコカーですが、これが特殊車両と呼ばれる大型の車両についてはどうでしょう?ガソリン車やディーゼル車に比べるとパワー不足が懸念されるエコカーですが、電気を動力とする大型車には既に路線バスが数台仕事をしています。大型の工事用車両などはまだまだこれから開発されるのでしょうが、既に電気自動車やハイブリットカーは商用車にも導入されているのですね。

将来的には余程の特殊車両ではないかぎりハイブリットカーや電気自動車が主流になっていくのかもしれません。その為にも電気事業の見直しをはじめとするエネルギー政策の再編と推進は待った無しの状態といえます。既にツールは揃いつつあるので後はインフラの整備が重要と言う事です。既に電気を動力に走る大型車両が存在しています。

そう電車です。電車はパンタグラフ越しに充電しながら走っています。先日新宿駅で面白い実験をしていました。それは振動によって電力を起こすというもので、人が小走りに走るぐらいの振動でLEDランプを点灯させるぐらいの電力を得る事が出来るそうです。(実際に筆者も試してみました)

そこで少しお話を伺ったところ将来的には幹線道路の下や壁に振動発電センサーを敷き詰めれば電気自動車の場合、電車の様に走りながら充電する事が理論的には可能だと言う事でした。実際に貨物電車は充電しながら走行可能しているので、このシステムが実用化すれば大型の特殊車両も走行可能と言う事になります。これは日本発のとても夢のある計画だと感じました。道路を走る自動車が増えれば増えるほど発電力が増すのですから究極の都市型エコ発電システムですね。