エコカーのこと
バイオ燃料車

バイオ燃料車あるいはバイオディーゼル車はハイブリットカーについで注目を集めた自動車でした。バイオ燃料とは主に穀物を原料としてそこからアルコールやオイルを抽出して自動車のエンジン燃料として利用するものです。ガソリンに比べ排気ガス中の重金属などの有害物質の含有量が少なく、またエコエネルギー連鎖の原則から地表上の総CO2量を増加させないエネルギーとして注目されています。

エコエネルギー連鎖とは木質ペレットを使った暖房器具などで引き合いに出される考えですが、地球上の生物は全て呼吸をしてCO2を排出しています。これは植物も同じで燃料として植物を利用するとそれを燃焼させたとしても排出されるCO2の総量は変化しないというのが基本的な考えです。

ガソリンや天然ガス、木炭や石炭などのコークス燃料は化石資源と呼ばれ地下に埋蔵されているものなのでこれらを掘り出して燃焼させる事でCO2が排出されると地表のCO2は相対的に増加するが、地表にあるものを燃焼させてもCO2の総量は変わらないという考えですね。一瞬疑問も生じますが理にかなっていると言えば理にかなっているのかな?と思います。しかしこのバイオ燃料は作り出すのに高額なコストがかかる上に、大量の穀物が消費される事になります。実際にサラダ油を使ってもディーゼルエンジンは動きますがエンジン内の汚れも酷くすぐに燃費性能が落ちてしまいます。

したがって実用的なバイオ燃料を作る為には莫大な費用をかけて設備投資をしなければなりませんし、一時期バイオディーゼルの人気で原料となるトウモロコシや小麦の値段が急騰した経緯があり現在は下火傾向にあります。しかし今後バイオ燃料のために燃焼時の有機不純物が少なくまた、環境変化にも強い穀物が遺伝子操作などで誕生するとそのための産業が新たに生まれる事になり、先進国で深刻化している雇用問題の解決にも繋がる可能性があるとも言われています。